Staff Blog

2008/04/30 11:19

よめきちのおすすめワイン

dscf0415.JPG

005’アルヴォワ・ブラン ル・ルージュ・クー/フィリップ・ボーナール

フランス東部、ジュラ地方のアルボワの街を2kmほど下ると、標高400m以上の高原に囲まれた小さな村ピュピランがあります。

彼の白ぶどうの畑は丘の斜面にあり、東北の面に位置しています。
ジュラ最大の支脈を背にして森林地帯が広がり、深い谷が南東に向いているため、ブドウ畑は厳しい冬の寒さと夏季の乾燥に耐えることができるのです。

昔から自然派ワイン生産者の雄、ピエールオヴェルノワを始め、マルセル・ラピエール、フィリップ・パカレなどと交友があり、彼らのワイン哲学に多大なる影響をうけ、全てのワインをSO2ゼロで醸造できるよう現在模索中とのこと。(一部のワインはすでにSO2ゼロです)

目を引くキュートなエチケットはボールナールという音に掛けてRenard(ルナール:キツネ)が描かれています。

洋ナシやマロンクリームのような人懐っこい香り、味わいは酸がキリッとしていてミネラル感と
骨格のしっかりしたワインです。

食事との相性もよく、今のメニューでは「フランス産ホワイトアスパラガスとフォアグラのソテー 清見オレンジと人参のピューレ」との取り合わせがオススメ!!

2008/04/24 10:11

六ヶ所村ラプソディ

rokkasyo.bmp

先日、谷町六丁目のそば切り蔦屋さんにて「六ヶ所村ラプソディ」の上映会があり、参加させていただいてきました。

映画の舞台になる青森県六ヶ所村は日本各地の原発から出る放射性廃棄物を処理する為の再処理工場が建設されたところです。ウラン試験というテスト段階を踏み、2007年には本格的に稼働。着々と前進しているこの国家事業のはざまで、この村の人々はどんなことを感じ、どのような生活を送っているのでしょうか。再処理工場を取り巻く人々の暮らしに重点をおいた映画です。

 新聞などではこの名前を目にしていましたが、私も詳しいことはなにも知りませんでした。
エネルギー、環境、そして私たちの食を取り巻く環境、すべて生きていくためには無くてはならない問題で、誰かがやるだろうではなく、全世界のひとりひとりが未来の子供たちの為にも考えていかなければならない問題だということを痛感しました。

今、食の安全についても様々な問題が起き、大変な世の中ですが、より安全な美味しいものを
提供することが私たちの幸せであり使命なんだとつくづく考えた映画でした。

全国で上映会が行われているようなので興味のある方は・・

六ヶ所村ラプソディ

2008/04/18 09:45

書籍掲載

 t0217337.jpg

日経おとなのOFFの「出張先の夜」京都・大阪・名古屋編にKamekichiが掲載されています。
保存版で使いやすい手のひらサイズ。その名のとおり出張や出先で食事に悩んだときには重宝しそうな一冊です。

2008/04/16 16:17

今日から!造幣局桜の通り抜け

大阪の春の風物詩「造幣局の桜の通り抜け」がいよいよ今日からですね♪今年は4月16日(水曜日)から4月22日(火曜日)までの7日間
平日は午前10時から午後9時まで
土曜日・日曜日は午前9時から午後9時までソメイヨシノが葉桜になってしまいかけている頃に毎年遅咲きの桜が
満開です。
毎年春が2回楽しめるようでとてもうきうきします。
kamekichiからも一駅ほどなのでまわりが何だか賑やかな感じです。

造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持ってもらう為に、数多くの桜の品種のうちから一種を「今年の花」として選び毎年ご紹介しているそうですが、

 今年の花は「普賢象(ふげんぞう)」です。

 (写真)普賢象(ふげんぞう)

「普賢象」は、室町時代から京都地方にある有名な桜で、花の中から葉化した二つの雌しべが突き出し、その先端が屈曲します。その状態が、普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているので、この名が付けられました。花は淡紅色で、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20~40枚です。

今年の桜は125品種370本です。
今週末くらいがきっといい頃ですね♪

造幣局桜の通り抜け

2008/04/16 16:02

木積のたけのこ

 dscf0399.JPG

たけのこと言えば京都が有名ですが、京都産に負けない名産地が大阪にもあるんです。
貝塚市木積地区は赤土で粘土質の為、たけのこ作りには最適。
微妙な地面のひびを見極めて土からたけのこが出てくる前に収穫。
このため、たけのこが硬くならずとてもやわらかいんです。
ほどよい甘みとシャキっとした食感。「筍はえぐみが強くて苦手・・・」と思っている人にも
召し上がって頂きたいたけのこです。
収穫は深夜3時ごろから始めて、6時ごろには終わっています。
その朝採りの筍が夕方kamekichiまで届きます。
筍は鮮度が命!!
その日のディナータイムのメイン料理のガルニチュール(付合せ)等にお出ししています。
名産地 貝塚木積のたけのこ。ぜひ一度ご賞味ください。

2008/04/07 13:59

雑誌掲載2

meets.jpg

kamekichiが「meets5月号オフィス街の冒険08」(12p)に掲載されました。

2008/04/07 13:51

雑誌掲載

roji.jpg

kamekichiが「大阪おいしいRoji本」(82p)に掲載されました