Staff Blog

2008/10/22 17:05

天然きのこ

秋です。きのこです。

今日本では食卓にあがる殆どが、人間のてによって栽培される、栽培きのこです。

山林で管理されるきれいなマツタケ、しいたけ、えのきだけ、まいたけ、ぶなしめじ

などがそうです。

「香りマツタケ味シメジ」とよく言いますが、このしめじは

「きのこっのーこのこげんきのこ♪」のぶなしめじではなく

「ほんしめじ」と呼ばれるなかなか探しても見つからない天然のきのこです。

肥沃な土地で育った天然のきのこはほんとうに香りが良く、

肉厚で風味、旨みがあります。油と塩で焼くだけで絶品です。

山林に自生するきのこは種類が多く数千種あるといわれ、名前のついていないきのこも

数多くあります。

でも全部が美味しく食べられるわけではなく、猛毒きのこ、ちょい毒きのこ イッキアップきのこ(ないか・・・)とプロでないと見分けがつかないものばかりです。

kamekichiにはもちろん食べれる美味しいきのこが入ってきています。

ただ、天然ゆえたくさんあるわけでもなく、ゆうて出てくるものでもないという貴重さが

またおもしろい。

今回の入荷は・・・

  dscf6590.JPG

クリタケ

dscf6592.JPG

いろいろ

dscf6588.JPG

ヌメリスギタケ(ほんとうに触るとぬめぬめ)

dscf6589.JPG

ムラサキシメジダケ 

dscf6587.JPG

アカモミタケ

今はオープンオムレツにたっぷり載せて提供しています。

キノコ好きのかたはぜひどうぞ。

2008/10/20 14:34

エチケットファイル

お店を始めてからというもの外でも家でもワインを好んで飲む機会が格段に増えて

1本1本ワインエチケット(ラベル)を取っておく。という習慣をあまりしなくなりました。

前はせっせと集めてたっけ。

決してワインに愛情がなくなったというわけではなくむしろ今のほうがワイン大好きだし、より日常に寄り添うようになった。

いつも傍にいる安心感そんなのもあるのかな?(恋愛みたいなカンジ?!)Tongue out

たまに昔のエチケットファイルを見ていると「へえこんなワイン飲んでたんだ~」とか「どんな味したっけ?」なんて人間の記憶なんて怪しいものだとつくづく思います。

これがことさら何かの記念に飲んだものや、レストランで素敵なサービスの方とお話して決めたものなどは

今でも口中に味や香りが漂って来るくらいに記憶に残っている。

そう考えるとそのファイルを見ながら、日々のサービスが一人ひとりお客様にとって

重要な意味をもつこと、そのワインに対して、生産者に対しての情熱をもつこと、

そのお客様にとってのこの1本のワインはどんなワインなんだろうとか、つくづく感じました。

ああまたひとりごとがくどくなってきた・・・(汗)

さてさて最近人のお祝い事などで神戸のレストランと心斎橋のワインバーで飲んだ

とっても感動的だったワインを久しぶりにエチケットを剥がしてもらいました。(Iさん、Hさんその際はお手数おかけしました。ありがとうございます)

やっぱりそれはまたサービスの方のチカラ、仕事、ワインにかける情熱もあってほんとうに美味しく感じられたという部分もあります。

またファイルに思い出がふえました。Smile(嬉)

dscf6586.JPG

2008/10/15 09:43

ジビエ続々入荷中

dscf6576.JPG

今年もやってきましたジビエの季節。

報告するのをうっかり忘れていましたがKamekichiにも続々入荷しています。

山鶉、森鳩、丹波鹿、丹波猪、etc・・・

(入荷状況によってメニューがかわりますのでお好きな方はお電話にて確認の上ご来店下さい。)

2008/10/03 15:55

雑誌掲載

meets.jpg 

今発売されているmeets11月号「around30シェフ」(いま流行のアラサーというやつですね)の特集にkamekichiが掲載されています。
かなり印象的な表紙は、なかよし谷六「Le Caneton」の田代氏と仔羊が
どっかーんとかっこよく。

ぜひご覧下さいネ。