Staff Blog

2009/07/31 09:56

アグラパール

dscf3059.JPG

梅雨はいったいいつ明けるんでしょう?

今朝の大阪城公園は緑がいっぱいのすっかり夏の風景でした。

さてさて、昨日はシャンパーニュ アグラパール・エ・フィスのテイスティングセミナーへ行ってきました。

シャンパーニュ地方 コート・デ・ブラン地区 シャルドネ ブラン・ド・ブランの名主。

当主パスカル・アグラパール氏とマダムが来日。 

 「コンニチワ。」と友好的な挨拶に始り、パスカル氏自ら、栽培・醸造・シャンパーニュに

対する様々な考えなどを語ってくれました。

ブルゴーニュのようなテロワールに着目した区画分け。「地質学的なシャンパーニュを目指す」

とアグラパール氏。もちろんNMの大手メゾンごとの安定した味やそれとは違うもの。

例えば、できたブドウが同じでも、(RMはもちろんブドウから造っていますが・・・)

考えや人の手によって色々な方向に仕立てることができるワイン。

その1本にいろいろな想いが詰まってるんですね。

そんな想いを胸に飲みましょう(嬉)

「シャンパーニュブランドブランLes 7 cru 」今週グラスでお出ししています。

2009/07/29 17:38

いい時間

 先日の週末は梅田のリンコントロさんの1周年のお祝いパーティーにかけつけ

 夜明けより睡眠ingのあいかたを尻目に朝からコンコンと問題を解く。ぶつぶつと5時間・・・。

そして集中力きれる。チーンっ。

夜はとてもうれしいお誘いを受け関西パティシエ界の巨匠のお宅におよばれ(嬉)

ショコラティエはご近所なのでいつもお世話になっています。ありがとうございます。

思い返せば3年前「ここでお店をやろう!」と思った決め手はショコラティエさんがあった事も

私たちにとって大きな要因でした。

緊張しつつお宅にお邪魔し、オードブルからシェフ特製のベッケオフまでいただき

ケーキやショコラまで。(新作も!)

069.JPG

そして何より食事とワインを楽しみながら、たくさんの為になるお話、楽しさに緊張もほぐれ

仕事に対する情熱や愛を感じるお話を聞かせていただきハッとする思いでした。

違う意味でハッと気づくと、いつのまにか時間を忘れすごい時間!お邪魔いたしました。

もっともっと頑張ろうと、決意した、いい時間でした。

シェフ本当にありがとうございました。

2009/07/25 10:47

食材いろいろ

今日は、天神祭の花火ですね。

大阪市内出身のKamekichiには特に身近な、思いでばかりの祭りですね。

しかし、店をオープンさせてからは話は別です。

この1日だけは予約状況が寂しい限りです。毎年の事ですが・・・。

なので今年は少し抵抗します。

とりあえず冷蔵庫の食材を片っ端からいきます。

 dscf3050.JPG

あんず(アプリコット)です。

品種もいろいろで「平和・昭和・信山丸・ハーコットなどなど」。写真は信月です。

加熱してジャムに向くもの、生食向けのもの、試しましたが6月下旬に出始めた平和が

一番おいしかったように思います。もちろん加熱しての話ですが。

アプリコットは加熱したときの香り・甘み・酸味のバランスのいいものが好きです。

先輩パティシエのようにザッハトルテにでも出来ればよいのですが・・・。こちら

dscf3051.JPG

フランス産プッサン。雛鶏です。

dscf3052.JPG

ピエブルー・ジロールです。少しジロールのサイズがでかいのが納得いきません。

dscf3053.JPG

サマートリュフです。冬のトリュフに比べれば・・・ですがこれはこれで存在感だします。

dscf3054.JPG

シシリアンルージュ。プチトマトサイズですが加熱するとうま味があります。

そのまま生だと美味しくないんです。

こちらは鮮魚とともにポルチゲーズにしたてます。

dscf3055.JPG

引き続きビュルゴーです。

dscf3057.JPG

岩手短角牛リブロースです。

一時期爆発的にどこの店のメニューにも載ってたように思います。

みんなが使うとあまり使いたくなくなるのがKamekichiです。

最近はブームも落ち着いているので使ってます。

このまま風が強くなって雨降って花火が中止なんてことにならないですかね?(非常識か)

天満橋から一駅ですし帰りにいかがですか?

2009/07/24 17:34

夏のおもひで

 暑いです。もう今日は天神祭1日目。

さあ夏だという感じですね。

いよいよ待ちに待った、Kamekichi夏の恒例バーベキュー大会

今年は「女だらけのバーベキュー大会」です。

dscf3032.JPGdscf3024.JPGdscf3026.JPG

 出場する美女たち(!?)

dscf3033.JPG

 今年は子羊、オマール海老などなど・・・

火がつかないトラブルを乗り越え

 「いっただきまーす♪」

dscf3034.JPG←去年の教訓によりアッコちゃん今年はAlc0.00%!(笑)

ロングな滑り台やバレーボール・・・いやはや遊んだ。

 dscf3035.JPG

 そして飲んだくれ・・・草原でお昼寝(快)

dscf3039.JPG

dscf3043.JPG

今年も運転ありがとうございます(崇拝)(・。・)/

2009/07/17 15:57

趣味のこと

dscf3017.JPGdscf3018.JPG

蒸し暑いです。よめきちです。

もうすぐ梅雨明けですかね。水不足にならないように今のうちに降って下さい・・・(祈)

Kamekichiとはいっさい関係ないですが,みなさん「見ましたよ~」と声をかけてくださるので・・・

ちょっとした、よめきちの趣味のランニングで「Hanako West」さんに載せていただきました。

ブドウ畑の中を駆け抜ける(うっとり・・・)ボルドーメドックマラソンに来年一緒に出てくださる方募集中~!!

赤ワインの有名産地であるメドック地区。毎年9月(ブドウの収穫直前です!)にここで世界的に

有名なメドックマラソンが行われます。

このマラソン、ちょっと他とは違います!

何が違うかというと、42.195キロを走り、途中の休憩所では水ではなく、

メドックの有名シャトーのワイン(去年はラフィットでは2002年が出ました!)が出され、

食事もオードブルから始まりさいごはリブロースステーキまで!

飲んで走れるか?走ってるのに食べれるかはさておき・・・

この大会、ただし仮装が条件・・・何着る?

2009/07/08 10:44

仔豚

沖縄より琉華豚の仔豚が半頭入荷しています。

約11kg、、うちのまな板2枚並べても入りきっていません。

豚の骨でとったクリアな出汁と、ため込んだ豚バラコンフィの

ジュがあるのでそれをソースに仕上げます。

これに生ハムをとったあとの骨でもあれば完璧なのですが、

無いので我慢します。

皮つきの豚を召し上がったことがない方には是非食べていただきたいです。

dscf7991.JPG

2009/07/07 15:26

50周年

先週末の日曜日にお邪魔しました。

dscf7979.JPGdscf7976.JPGdscf7977.JPG

専門学校時代を過ごした辻調理師専門学校の創立50周年パーティー。

これだけ大人数のコックコートにトック(帽子)の料理人を見るのは久しぶりかも。

会場はマルシェ(市場)のイメージで卒業生のシェフたちが露店のようなブースで料理をされていました。

関西を代表するシェフたちが普通にブースのなかで鍋振ったり、料理を仕上げたり、

正直、かなりの行列ができていましたが、並ぶことに気が引けるぐらい皆さん真剣です。

dscf7985.JPGdscf7986.JPG

それでも、何か食べたいのは事実。

やはり、一番興味をそそられてしまったので「コンヴィヴィアリテ 安尾シェフ」の「ガルビュール」を

いただきつつ、いつもKamekichiのバケットを焼いてくださっている「アビアント 松尾シェフ」の

パンをいただきました。

それと白ワインを少し。

腹ごなしが出来たところでいつもお世話になっている先生方にご挨拶と情報交換を。

が、、、

「フランス校の卒業生でして、大阪の谷町で店をやっているので行ってやって下さい」

と当日初めてお会いした方に先生方が僕より熱く店の紹介をしてくださったり。

で名刺が一瞬でなくなり大失敗でした。かなり余裕をもっていったのですが。

やっぱり何年たっても先生と生徒の関係は消えません。

たぶん40才・50才になってもでしょうね。

ある意味問題児の僕に本当にありがたいです。頭が上がりません。

約1年ぶりくらいでしょうか、校長・辻 芳樹氏とも再会。

一度Kamekichiに食事に来ていただいた時も感じましたが、

紳士です。オーラ出てる人です。

あっというまの3時間でしたが、先生方に食事に来て下さるように約束を

しっかりとりつつ終了。

あまり写真がないですね、すいません。

dscf7980.JPGdscf7982.JPGdscf7988.JPG

あまりにも会場がでかすぎてこんな写真ですが。

誰かは説明不要ですよね。

2009/07/04 10:34

お祝い

先日のスタッフの誕生日。

きりのいい年の誕生日だったので、よめきちは「生まれ年のワインをプレゼントするねー。」

と彼女が選んだワインはこれ。

dscf7924.JPG

うぅ。私が飲みたい・・・(羨)

世界のワイン産地を妄想フライングツアー中の私。

暑いしそろそろ頭からケムリが出そう・・・。むむ。あとひとふんばり。

2009/07/04 02:26

ビュルゴー家 シャラン鴨

フランス産家禽類の輸入がストップして以来、久し振りに仕入ました。

dscf7974.JPG

 「ビュルゴー、シャラン鴨」

ほんまもんのシャラン鴨です。

値段も一流ですが、、、。

先日の羊の話ではありませんが鴨の火通しは仲間内でもいろいろ。

好みもいろいろ。

個人的にはやはりロゼに寄せていくより、焼き切ってロゼに戻すほうが好きです。

(難しい表現ですいません)

盛り付けもエギュイエット(薄いスライス)が好みです。

鴨の肉質的に縦半カットよりスライスがいいと思っています。

十人十色だから料理はおもしろいですね。

皆さんの好みはいかが?

2009/07/01 15:14

夏野菜

 丸い野菜たちです。

dscf7940.JPG

  丸ズッキーニ緑と黄

  コリンキー

  賀茂ナス

 それと関西 の夏の魚といえば

dscf7960.JPG

和歌山ハモです。

頭と骨で出汁をとってコンソメジュレにしあげます。

丸い野菜たちとハモ・朝風きゅうり・枝豆などをあわせて

dscf7935.JPG

「夏野菜の冷製グリエと和歌山産ハモのコンソメジュレ」

ズッキーニ・コリンキー・朝風きゅうりはグリエにした後冷やします。

賀茂ナスは揚げびだしのような感じでマリネに。

ハモは当然うまいのですが、、、

それ以上に野菜がうまいです。

一日4皿ほどしか用意してません(新鮮なハモをその日に売り切りたいので)