Staff Blog

2010/04/23 16:43

ゴールデンウィーク営業します!

4月29(木)~5月5日(水)のゴールデンウィーク期間中、5月2日(日)を除きランチ・ディナーともに営業します!

ランチは期間中連日オードブル・デザートなどのオプション可です。

皆さまのご来店お待ちしております。

2010/04/23 11:35

話題の

la-cime.jpg

こんにちわヨメキチです。

先日スタッフと「La Cime」さんへランチに伺ってきました。

ネオビストロ。とても勉強になりました。はい。

とても私のボキャブラリでは言い表せないのでこのへんで。

(写真かぶってる?!)

2010/04/23 11:20

スーツケース

こんにちわヨメキチです。

いよいよNZ出発も明日にせまりワクワクしておりますが、火山噴火の影響が色濃い

ヨーロッパでなくて良かったと思いつつ、ヨーロッパ食材が入ってこず、お店的にはつらいです・・・

が、今こそ更に国産食材を見直すときかもしれませんね。

さてさて、先日いそいそと荷物の準備をしつつ、飛行機に何キロまでいけるんだったけな~と改めて見ると制限は「20Kg」

えっと、このスーツケース何キロだろう?といざ体重計に・・・

case.jpg

「9.6KG!!!(*。*)」

外装だけで半分って・・・

そりゃそうだ、Kamekichiが調理師学校時代フランスへ行った頃から使っているもの。

もう10年以上前のだもんな~

さあどうする?

2010/04/19 16:41

深夜桜会談

777.jpg

深夜開催のおそめの花見。

あるミーティングがメインで。

2010/04/15 16:42

いただきもの3連弾

こんにちわカヨメキチです。

ソメイヨシノも大半葉桜になり、恒例の造幣局の桜の通り抜けも始まり、例年なら温かくなっているはずが

なんでこんなに寒いんでしょう?

そんな中届いた心温まるいただきものの数々。

まずは開店当時おせわになったHさんよりの熊本の有機野菜が届いた。

さといも、つくね芋、出島、じゃがいも、ニンジン、水菜、青梗菜、etc・・・

あと肥後の有精卵なるものも。

さっそく今朝の朝食に「さといもと水菜と鴨つみれの汁」との玉子かけごはん。

味も濃くねっとりとしたさといもとしゃきしゃき感最高の水菜でした。

dscf8873.JPG

続きまして東京吉祥寺シェ・トラさんより。カメキチの調理師学校時代の先生のお店です。

先日電話で「亀井君ケーキ送ったから~」って(笑)

ほんと忙しいところ気つかってもらってすんません。

「シェ・トラの巻きロール」スタッフと皆で頂きました。

ほのかに感じる、塩けと香ばしさ、旨さとフレッシュなクリームの絶妙なバランスが最高でした。

dscf8871.JPGdscf8872.JPG

次は和菓子。

大好きな京都出町柳「ふたば」さんの「豆餅」と「黒豆大福」をお客様のSさんより。

これも豆の塩けと食感、あんこの甘みとそれを包む餅の食感のバランスがたまりません。

「豆餅」はこしあんで「黒豆大福」はつぶあんです。

dscf8876.JPG

ほんとうにありがとうございました!!!

2010/04/14 16:41

仲村わいん工房

こんにちわヨメキチです。

先日のお休みに大阪羽曳野にある「仲村わいん工房」さんへ行きました。

「大阪でワイン作れるの?」と聞くに疑いますが、昭和初期には日本一のワイン産地だった大阪

以前は300軒ほどあった生産者もいまでは5軒だけだとか。

そんな中こちらは1988年に畑を開墾。1993年に醸造を開始。

以前から「ツーリング行きましょう!」とワインショップフジマルさんの福井さんと

計画していたのでどうせならと、ロードバイクで。

北新地、竹中酒飯店の竹中さん、同シェフの岩崎さん、Purのいくちゃんさんと。

片道約20km往復40kmの道のりです。

心配されていた天気ももってくれて

一同「あっつ~!!」

road.jpg

道中ランチを。

地下鉄谷町線出戸駅1分の釜揚げうどん専門「桂ちゃん」さんへ

dscf8797.JPGdscf8794.JPG

かつお香るお出しと「打ち立て、切りたて、茹でたて」の3拍子揃ったおうどんは本当に旨い。

前日(当日?!)3時まで北新地を徘徊していたという氏は

「出汁がたまらんわ。はぁ~」って五臓六腑に染みいっていたご様子。

dscf8795.JPGdscf8796.JPG

大和川沿いなんかを爽快に走り、予定通り到着。

dscf8821.JPG「仲村わいん工房」さん

dscf8820.JPG

まずはお話をという事でお宅にお邪魔しました。

dscf8816.JPG

仲村さんのお話をお伺いしつつ

ほぼすべてのキュベをテイスティングさせていただきました。

どれもなぜか塩味を感じるような旨味。

カベルネやメルロは非常に色も香りも濃密であり、タンニンも。

けれど透明感ある綺麗なワイン。

dscf8806.JPGいちばん人気だというがんこおやじの手造りわいん

dscf8800.JPGワイン雑誌にもとりあげられた手作りわいんさちこ

dscf8798.JPG夢あすか白

dscf8812.JPG夢あすか赤

dscf8803.JPG「冗談でつくったんや~」というロゼ

dscf8846.JPGご自宅裏のピノノワール。

dscf8823.JPG

急こう配の山を登り食用ぶどうのビニールハウスを抜けると

仲村さんの自慢のメルローとカベルネの畑が広がります。

仕立ては垣根、棚もあります。

鳥の声しか聞こえない静かな畑。

ここだけ山あいに位置するため風通しがいい。

所有する畑はこのメルロ・カベルネの畑のほかにも

別の場所にあり全部で5か所、7000坪だとか。

dscf8822.JPG

dscf8827.JPG

dscf8831.JPG

土壌は石灰と粘土が混じったようなごつごつした岩がごろごろと

転がっていました。

見た目とはうらはらに落とすとボロボロと崩れる。

dscf8829.JPGdscf8841.JPG

dscf8836.JPG色々と説明してくださる仲村現二氏。

dscf8843.JPGほかにも農作物が。

右端のほうに見えるのが「マンズレインカット」の支柱。

「1回しか使ってへんねん。」って(笑)

帰り際には醸造施設も見学させていただきました。

dscf8848.JPGプレス機

dscf8850.JPG

打栓機(手動)

コルクの裏表を確認しながらひとつひとつ打てるのでブショネの確率が低いそう。

dscf8851.JPG打栓機(自動)

上のところにコルクを投入し自動で打栓。

これは自動なので裏表は選べない。

「うちにはたいそうな施設なんかあらへん。ぶどう造って潰したら勝手にワインできよる。」

の言葉通りとてもシンプルな醸造施設。

タンクはステンレスのものが並んでいました。

「俺樽香嫌いやねん。」と。

本当にこの地でずっとワインを実直に造ってこられたんだなあと

一見ぶっきらぼうそうに話す端々に、いいものを造るという純真な

情熱や、時折見せる笑顔がこの仲村わいん工房さんのワインを感じさせるようでした。

このワインを扱う業界の現在過去未来を見据えて邁進なさっている姿。

本当にステキです。

dscf8854.JPG

目つむってる(笑)

dscf8845.JPG

お忙しい中ありがとうございました!!

ってこの後どしゃぶりのなか帰る事になるんだけど・・・

2010/04/10 11:10

そのまんま

こんにちわヨメキチです。

今日はのっけから食材。

今年も出てきました「ハマボウフウ」

せり科の多年草。「浜防風」と書く。

海岸の砂浜に自生している、書いて字の如く、根が深くはびこる事で

浜の砂が飛び散るのを防ぐから。

そのまんまですね。

春の野菜。味わいもセリに似て柔らかく少しほろ苦くておいしいです。

もっぱら和食で使う事が多いらしく天ぷらやツマなどに。

dscf8789.JPG

地中の根っこがとても長く漢方では解熱、鎮痛に。

フレンチで何に使うんだろう??と見ていると魚料理の付け合わせになってました。

春を感じ取れる野菜たちです。

2010/04/07 16:49

経験

こんにちわヨメキチです。

桜も葉が少しでてきました。あったかくなったり寒くなったりヘンテコな気候です。

dscf8786.JPG

さてさて、直接お話しさせていただいてる方もいますが、わたくしヨメキチは

今月4月24日から1週間ニュージーランドに渡ります。

マーティンボロにある、ヨメキチも大好きなワインKUSUDA WINESにお世話になります。

044550b3.jpg

タイミングが合えばシラーの収穫を経験させてもらえそうです。

正直初めての経験なのでワクワクしています。

実際に体験することで、勉強したことの点が線に、面に、なるような

今までにない感覚が身に着くといいなと思っています。

精一杯勉強して来ます。

お店はもちろん営業しています。店主カメキチやしっかりものの女子スタッフたちが

お待ちしております。(ありがとう)

たまにはオニヨメがいないあいだに楽しくやってください(笑)

おみやげ話ブログもおたのしみにー

2010/04/06 17:37

久しぶりの女子部

こんにちわヨメキチです。

今日は暑いくらいですね。

花見で大川を走る水陸両用バス?!めあてのお客さんも長蛇の列!!

さてさて、先日久しぶりの女子部開催。

飲食店で働く女子の集い。年齢、ジャンル問わず。

毎回テーマを決めてワインを持ち寄る。

今回のテーマはざっくばらんに「飲もうと思いつつ飲んでないワイン」

意外とありますよね。いつでも開ける気あるんだけど機会がなく眠っているワイン。

そんな感じで、Kamekichiにてスタート!

dscf8758.JPG

dscf8756.JPG

料理はル・ヌー・パピヨンさんより。みんな食べる食べる。夜中ですけど、なにか?て程に・・・(汗)

dscf8762.JPGdscf8761.JPG

dscf8774.JPG

ワインは夢中すぎて撮るのを忘れてました。 もちろん人数分あったはずなんですが・・

今回はグッダイの順ちゃんの結婚お祝いもあり、なごやかに。

みんなで「お幸せに~!」

また飲食業の妻がひとり増えました(嬉)

次はマダムの会作る?

dscf8777.JPG

dscf8781.JPG

最後に記念撮影。みんな良い笑顔。

左上より、なかなかスズキさん、自称ランジュヴァン幽霊部員トクコウさん

うずらやアカネさん、豚玉タミさん、マツケン食堂オハラねえさん、

グッダイ順ちゃん、ワインショップフジマルヒロさん、

タベルナ・デッレ・トレルマーケアラキさん、Le Caneton ケイチャン、hotel de yoshinoイデさん

羽山料理店オオバちゃん、ル・ヌー・パピヨンこんちゃん、

勤務先失念(ごめんなさい変わったんでしたっけ?あれ?)レキシャちゃん

いちばん右上ヨメキチ。撮影はポンテベッキオゆかりちゃん。(ありがとう)

空は薄あかるくなっておりました。明日仕事組多数。

「パワーあるなあ・・・」

2010/04/03 11:26

良い天気

こんにちわヨメキチです。

気持ちいいお天気ですね。大阪城は人で溢れかえっていることでしょう。

dscf8755.JPG

 今日のカメキチの風景。 

天気のいい日は窓から差し込む陽がとても気持ち良く、

この風景は手前味噌ながら「いい店だなあ」と思う。

dscf8753.JPG

がむしゃらに仕込みをするマリさんを眺めながら、このワイン

アンリ・ボノー/VDT ル・ローリエ

ヴァンドターブルながらボノースタイル。グルナッシュ高比率。凛とした強さや上品さ。

シャトー・ヌフ・デュ・パプを飲むことなく「ボノースタイル」を楽しめる1本。

大阪城花見帰りにぜひ(笑)。