Staff Blog

2010/09/23 17:37

秋の食材

雨がやんでいきなり涼しくなりましたね。

ブログぱったりお休みしていましたが、その間にすっかり食材も秋めいてきました。

丹波の猪肉、山梨の天然キノコ、北海道昆布森の牡蠣、秋刀魚・・・

色々入荷中。。。

dscf9168.JPG

dscf9171.JPG

2010/09/23 16:50

帰国日

いよいよ帰国日。

過ぎ去ってみれば毎日楽しく慌しく、あっという間の1週間でした。

夜にマーティンボロ出発予定につき、朝はシラーの選果をお手伝い。

合間にシューベルトとマーティンボロヴィンヤードのセラードアへ見学に行きました。

dscf4427.JPG

選果場の真横にシューベルトさんのセラードアがあります。

dscf4423.JPG

細かく説明を受けながら代表的なキュベをテイスティング

dscf4424.JPG

dscf4428.JPGdscf4429.JPG

やっぱり今年もいました黒猫ちゃん。にゃあ「こんちわ」

dscf4430.JPG

観光の人々もたくさん訪れるマーティンボロヴィンヤードのセラードア。

 dscf4486.JPG

最後に楠田さんと記念撮影。

本当に今回のツアーたくさん勉強になりました。ありがとうございました。

NZ自体ずっと行きたいといっていて

2年越しくらいの夢叶い行く事が出来ました。

dscf4482.JPG

こんなド素人にお忙しい中、熱心に色々時間を割いて教えてくださり

色々な体験をさせてくださり、本当に感謝しています。

生身で体験することがこんなにも素晴らしいことだと初めて実感いたしました。

まさに頭のなかの知識の点がすうーっと線になるような感覚でした。

身の回りの細かいお世話をしてくださった優しいマダム、NZでお世話になった皆様、

こんな貴重な機会を創ってくださったフジマルさん、そして、NZへ行っている間

お店を守ってくれているたのもしいスタッフに感謝いたします。

これからもソムリエとしてワインを造る現場の想いをできるだけ

お客様にお伝えできるような仕事をしていきたいなと思います。

ながながと(笑)このNZブログにお付き合いいただきましてありがとうございました。

dscf4496.JPG

それにしてもNZの星空は綺麗だった・・・

2010/09/23 10:09

最後の晩餐 大テイスティング大会

ニュージーランド最終日。

収穫に来ると恒例らしいですが食事を楽しみながら

大ブラインドテイスティング大会(汗)

ああ緊張・・・

 dscf4399.JPG

dscf4400.JPG

まずはドゥーツのシャンパーニュを。 

dscf4402.JPG第一弾クラウディベイのソーヴィニヨンブラン98

ソーヴィニヨンブランまではピンときましたが

果実のものすごい厚みと余韻の長さが迷いを生む。まさか98とは・・・

dscf4403.JPG

第2弾。お次は同じような色合いの2つのワイン。

① すっきりキレイな印象。白い花、ライチ、シトラス、ゴム。

② ①よりも少しの甘み、旨みを感じる。おだやかな印象。
   青みやゴム香も少し。オリ、酒石のようなものが沈殿。

dscf4404.JPG

答えはなんと同じワイン。

KUSUDAさんののリースリング’09

フィルタリングの違いについて。

①はまず0・6ミクロンのフィルタを通し、瓶詰め時にさらに0・37ミクロンの
  フィルタにかけたもの。(出荷しているもの)

②は2回目の0・37ミクロンのフィルタリングをしていないもの。
  (0・6ミクロンのフィルタリングのみ実施)

フィルタリングだけでこんなにも違うのかと実感。

正直別のワインに思えました。

ここからが本番です。

ずらりと並ぶワイン。

テーマは「ニュージーランドのピノノワール」

dscf4406.JPG

しかも銘柄開示方式

dscf4411.JPG

dscf4414.JPGdscf4413.JPG

迷いにまよった挙句、第一印象を優先し回答。

なんとか6種類中4問正解!

ふぅー。緊張した。

KUSUDAさんのワインもラインナップされていて滞在中毎日テイスティング

させていただいていたのに、外すわけにはいきません!

でもどのワインも個性あるNZのピノノワールらしいクオリティの高いワインでした。

やっぱりブラインドテイスティングは緊張しますが

合ってても外しても(笑)五感をフル活動させることができていいですねー。